#033 じゃれ本

Designed by DaiTai

◇3行で説明

  1. みんなで短編小説を書くというゲーム。
  2. リレー形式で順番で回し書きしていくうちに、物語は思いもよらぬ方向へ!
  3. 文章を書くことが苦手な人でも気軽に楽しめる仕組みになっていて、楽しめる。

◇ざっくりルール

タイトル決め

まずは小説のタイトルを決定します。
この方法がとても良くできていて、最近ではブレストなどで活用したりしてます。


1. 各自思いつく名詞を20個書き出す。

↓隣の人に本を回す

2. 20個名詞から1個選び、思いつくことを10個書き出す

↓隣の人に本を回す

3. 「1の名詞」と「2の思いつくこと」を自由に組み合わせて面白そうなタイトルを作る


たったこれだけ。
面白いほど意外な組み合わせが誕生します。



小説を書く

各小説は50文字 x 8ブロックの合計400文字で構成されます。

1ブロック50文字の原稿用紙に対し、
順番に文章を書き、回していきます。

ポイントは1つ前のブロックしか見れないということ。

以前の話の内容は全く分からないのですが、何とか1つ前のブロックとタイトルから予想しながら文章を書いていきます。

8ターン回したら終了。
みんなで出来上がった小説を一つ一つ音読し、摩訶不思議な出来上がりを楽しみます。

ゲーム中の例
4の人は3のブロックしか読めず、
その前の流れは予想するしかない。

◇感想

[Good]

  • 文章を書くとか、面白いタイトルを思いつくってなんだか苦手だなと思っている人でも、アイデアを出しやすい仕組み
  • 出来上がった小説が何より面白く、一緒に遊んだ人のかけがえのない思い出になります。
  • 普通に書いていたら絶対に思いつかないような奇想天外な展開が笑えます。

[Bad]

  • 入手困難。ぜひ増刷して欲しい。

◇おススメ度 5/5

Sample
Powered by Blogger.